(RSR24)5人家族、オートキャンプの持ち物リスト〜ライジングサンロックフェスティバル2024〜

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、夏フェス大好き、まつこです。

この記事では、2024年は8月16日(金)・17日(土)に北海道で開催されるロックフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL(ライジングサンロックフェスティバル)」に向けて持ち物をまとめました。
特にオートキャンプで参加する人におすすめの記事となっています。

こんな人におすすめ

  • ライジングサンロックフェスティバルに初めて参加する人
  • ライジングサンロックフェスティバルでオートキャンプをする人
  • ライジングサンロックフェスティバルに向けて準備をする人
まつこ

5人家族・オートキャンプに必要な持ち物をまとめました。
皆様の参考になれば嬉しいです。

目次

RISING SUN ROCK FESTIVAL(ライジングサンロックフェスティバル)とは?

RISING SUN ROCK FESTIVAL(ライジングサンロックフェスティバル)」とは、北海道の石狩市で毎年8月に行われる音楽フェスです。

このフェスの特長は、会場内でキャンプをすることができることです。キャンプサイトの種類はいくつかあるのですが、我が家は毎年「オートキャンプ」という「自家用車をキャンプ場に乗り入れ、その横にテントやタープを立ててキャンプをする方法」で参加しています。

ライジングサンは金曜日の夕方日曜日の朝まで開催されます。
金曜日は夜中まで、土曜日は日の出(日曜日の朝)までアーティストのステージがあり、夜通し大盛り上がり。テントの横でバーベキューができたり、聴きたいアーティストのステージがあれば会場に入って歌を聴きに行くことができたりと、キャンプも音楽も楽しめるスペシャルな夏フェスとなっています。

2024年は8月16日(金)・17日(土)に開催が決定しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

2023年の公式サイトはこちら→https://rsr.wess.co.jp/2023/

まつこ

家族や友達とワイワイ盛り上がるのが楽しみです!

この記事では、オートキャンプに家族5人で行く際の持ち物リストを紹介しています。

\個人の持ち物や、あったら便利なものが知りたい方はこちら/

RSR23 オートキャンプ(5人家族)の持ち物リスト①〜宿泊編〜

RISING SUN ROCK FESTIVAL(ライジングサンロックフェスティバル)のオートキャンプの持ち物リストを紹介します。5人家族(全員高校生以上)分の持ち物となっています。まずは、宿泊編ということで、宿泊に必要なものをリストアップしました。

まつこ

我が家ではテントに3人、車中に2人寝ています!

オートキャンプ5人の持ち物リスト(宿泊編)

  • グランドシートまたはブルーシート
  • テント
  • 寝袋(テント泊用)・・・3つ
  • ランタン(吊り下げられるもの)
  • レジャーシート
  • 洗濯バサミ・・・5つほど
  • 車用カーテン(車中泊用)
  • 毛布(車中泊用)・・・2枚
  • マットレス(車中泊用)

それぞれ簡単に解説します。

グランドシートまたはブルーシート

グランドシートはテントの下に敷くシートです。ブルーシートでも代用が可能です。テントを汚れや湿気などから守ってくれます。雨の日は浸水を防ぐこともできます。

シートはテントの床面積よりも一回り小さなサイズを選ぶことがポイントです。テントからはみ出てしまうと、雨が降ったときに水が溜まってしまい、逆に浸水の原因となってしまいます。

\グランドシート/

テント

我が家はテントで3人寝ています。オートキャンプの区画はそれなりに広いので、3人が足を伸ばして寝られるだけの大きめのテントも張ることが可能です。

\2ルームテントならタープ要らず/

\コスパ最強のワンタッチテント/

寝袋

北海道の夏は昼間は暑くても夕方〜夜にかけては涼しくなります。風邪をひかないように寝袋にしっかりと入りましょう。

\荷物を小さくまとめたい方に/

\いつもの布団のように眠りたい方に/

ランタン

吊り下げられるフックがついているタイプは、テントの天井にかけることができます。
置き型のランタンとしても使用でき、一部を取り外すと懐中電灯として持ち運びができるタイプのものもおすすめです。

\テントにかけるだけ。簡易的なタイプは安価で手に入ります!/

\取り外しても使えるパネルランタン/

まつこ

取り外して懐中電灯としても使えます!

レジャーシート

テントの入り口に置くと、靴を履いたり、荷物を置いたりするちょっとした玄関スペースの出来上がり。朝露で濡れてしまうので、夜は畳んでしまっておきましょう。

レジャーシートは、会場内のレジャーサイトでも使えますよ。

洗濯バサミ

濡れたタオルや服をかけたり、ゴミ袋を吊るしたりする際など、ちょっとしたことに使えます。

車用カーテン

車の中で休憩をする際にあると便利です。陽の光を気にせずゆっくりと寝ることができます。

\マグネットカーテン/

まつこ

その車に合ったカーテンをつけたい場合は、専門のお店に行ってみてくださいね。

毛布

車の中で暖をとるために人数分用意しましょう。夕方から夜にかけては寒くなりますので要注意です。

マットレス

車内がフルフラットになる車でも、ちょっとした凹凸が気になることがあります。荷物に余裕がある方は折りたたみができるマットレスがあると快適に過ごすことができますよ。
車の中だけでなく、テントの中でも使用することができるので、おすすめです。

\お手軽に購入することができる値段&大きさ/

\空気で膨らませるタイプのものも/

RSR23 オートキャンプ(5人家族)の持ち物リスト②〜BBQ編〜

次に、BBQに必要なものをリストアップしました。炭や使い捨ての食器など、細々としたものは直前に食材と一緒に購入しても良いと思います。

まつこ

BBQはキャンプの醍醐味ですよね!

オートキャンプ5人の持ち物リスト(BBQ編)

  • タープ
  • BBQコンロ
  • トング・・・3個〜
  • 軍手・・・3人分〜
  • うちわ
  • 着火剤
  • マッチやライターまたはチャッカマン
  • 折りたたみチェアー・・・6脚〜
  • 折りたたみテーブル
  • ウォータータンク
  • 紙皿・・・10枚〜
  • 紙コップ・・・10個〜
  • 割り箸・・・10膳〜
  • 包丁
  • まないた
  • 調理用はさみ
  • スポンジ
  • 洗剤
  • クーラーボックス
  • ウェットティッシュ
  • ティッシュ
  • 除菌スプレー
  • ゴミ袋・・・5枚〜
  • ランタン・・・2、3個
  • タオル・・・大小交えて3、4枚

タープ

タープはさまざまな形がありますが、我が家が使っているのはテント型のもの(スクリーンタープ)です。
年によっては風が強く、ヘキサタープなどは不安定になってしまうことがありますので、注意が必要です。風の強い日はキャンプ地を離れる際に畳んだり、車のルーフに結び付けたりと工夫をしている人たちも多いです。

\風のある日でも安定感のあるスクリーンタープ/

\ヘキサタープは比較的安価で手に入ります/

BBQコンロ

北海道といえばジンギスカン!海鮮!じゃがバター!美味しいものをたくさん並べてBBQを楽しみましょう。

\トングや網もセットで嬉しい/

\折りたたみ式で手軽に使える/

網・トング

大きめのスーパーマーケットや100円均一などにも売っています。トングはお肉用と炭用の2種類用意しましょう。

軍手

BBQの時だけでなく、テントをたてる際にも使えます。

うちわ

火を起こす際に使います。忘れがちなので気をつけましょう。

炭・着火剤・マッチやライターまたはチャッカマン

炭はすぐに湿気てしまいます。できる限り新しいものを使用しましょう。

折りたたみチェアー

テントでBBQをする時と、レジャーシートゾーンでライブを楽しむ時の二か所で使います。車内の積載量に余裕があれば、人数分よりも多めに持っていくと良いでしょう。

\コールマンのチェアーは会場にも売っていますよ/

\超軽量折りたたみチェア/

折りたたみテーブル

椅子とセットになっているもの、小物入れがついているものなどさまざまな種類があります。家族に合った、使いやすいものを選びましょう。

ウォータータンク

オートキャンプのスペースには水道があります。手を洗ったり、湯を沸かしたりする際にウォータータンクがあると便利です。

紙皿・紙コップ・割り箸

お肉を取り分けたり、次の日の朝ごはんに使用したりできるように多めに持参をすることをおすすめします。

包丁・まないた

野菜を焼いたり、焼きそばをしたりする際に食材を切るために使います。切って使う食材がない場合は必要ありません。
ホットサンドをカットする際にも使えますので、あると便利です。

クーラーボックス

主に1日目に使う食材を冷たいまま保管するために使います。2日目まで保冷をしたい場合は、途中で氷を買い足す必要がありますので注意してください。

\お酒を飲む方へ/

ウェットティッシュ・ティッシュ・除菌スプレー

除菌スプレーは食卓にも使えるものを選びましょう。

ゴミ袋

ライジングの会場では、かなり細かくゴミの分別をおこなっています。ゴミをしっかりと分けるために、ゴミ袋は多めに持参しましょう。

ランタン

先ほども紹介したランタンは夜にBBQをする際にも使えます。テーブルに置いておくタイプや、タープに吊り下げるタイプなどさまざまです。
夜のBBQでは、お肉がしっかりと焼けているかどうか見にくい場合があります。BBQコンロの近くには必ず明かりを置いて、確認をしながら美味しくいただきましょう。

\BRUNO(ブルーノ)のおしゃれランタン/

タオル

濡らして使えば台拭きに、雨の日は片付けの際にテント拭きに使えます。何かと便利なタオルは複数枚用意しておきましょう。

RSR23 オートキャンプ(5人家族)の持ち物リスト③〜その他、便利なもの編〜

最後に、その他・便利なもの編としてあったら便利なものをまとめました。

オートキャンプ5人の持ち物リスト(その他、便利なもの編)

  • キャンピングベッド
  • ハンガー・・・3、4個
  • ハンギングチェーン
  • テントの目印
  • ポータブル電源
  • ガムテープ
  • ガスコンロ
  • ケトル
  • ホットサンドメーカー
  • ブランケット・・・2、3枚

キャンピングベッド

ライブの合間にテントに戻って仮眠をとるときなど、タープの中に一つベッドがあると気軽に寝転ぶことができます。特に昼間はテントの中は暑いので、我が家では風が通る場所にキャンピングベッドを1つ置いて、そこで横になってのんびりしています。

\複数人座れるベンチとしても使えます!/

ハンガー

濡れてしまった服やタオル、ポンチョなどをかけるために使います。

ハンギングチェーン

ハンガーをかけたり、直接ランタンをかけたりすることができる便利なひもです。使い勝手抜群です。

\収納袋付きで便利/

テントの目印

たくさんのテントが立ち並ぶので、自分達のテントを見失わないように目印をつけておくのもおすすめです。夜になると光るものや、カラフルなガーランドなどさまざまなタイプがあります。

\風でくるくる回るお花/

\ロープライト/

ポータブル電源

ライジングのオートキャンプは電源がありません。ポータブル電源があれば、さらに快適になりますね。

\キャンプだけでなく、災害時にも使えますので防災用としても/

ガムテープ

テントやタープの補強として使ったり、荷物の片付けをしたりするときなどにあると便利です。

ガスコンロ・ケトル

朝ごはんを作る際に、手軽にお湯を沸かすことができます。キャンプをしながら飲む朝のコーヒーは最高ですよね。

持ち込めるガスの種類に制限がありますので注意してくださいね。(プロパンガスは持ち込み不可、簡易ガスボンベは持ち込み可能)

ホットサンドメーカー

こちらも朝ごはんにおすすめのグッズです。おすすめは食パンにチーズとハムです。食パンがカリッと、チーズがとろんとしてとても美味しいですよ。

\キャンプで使う際には直火タイプを/

ブランケット

涼しい夕方から夜にかけて、サラッと羽織ったり膝にかけたりすることができます。また、日中は日除けにもなるので便利です。

まとめ

この記事では、ライジングサンロックフェスティバルのオートキャンプに5人で行く際の持ち物リストを紹介しました。

オートキャンプ5人の持ち物リスト(宿泊編)

  • グランドシートまたはブルーシート
  • テント
  • 寝袋(テント泊用)
  • ランタン(吊り下げられるもの)
  • レジャーシート
  • 洗濯バサミ
  • 車用カーテン(車中泊用)
  • 毛布(車中泊用)
  • マットレス(車中泊用)

オートキャンプ5人の持ち物リスト(BBQ編)

  • タープ
  • BBQコンロ
  • トング
  • 軍手
  • うちわ
  • 着火剤
  • マッチやライターまたはチャッカマン
  • 折りたたみチェアー(6脚ほど)
  • 折りたたみテーブル
  • ウォータータンク
  • 紙皿
  • 紙コップ
  • 割り箸
  • 包丁
  • まないた
  • 調理用はさみ
  • スポンジ
  • 洗剤
  • クーラーボックス
  • ウェットティッシュ
  • ティッシュ
  • 除菌スプレー
  • ゴミ袋
  • ランタン
  • タオル

オートキャンプ5人の持ち物リスト(その他、便利なもの編)

  • キャンピングベッド
  • ハンガー
  • ハンギングチェーン
  • テントの目印
  • ポータブル電源
  • ガムテープ
  • ガスコンロ
  • ケトル
  • ホットサンドメーカー
  • ブランケット

イベントの準備をする時間はとても楽しいですよね。この記事が皆様の参考になれば幸いです。

まつこ

ライジングサンロックフェスティバル、今年もみんなで楽しみましょう!

\個々の持ち物を準備する/

\妊娠中の参加を考えている方へ/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まつこ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元小学校教員、現在は保育士のアラサー。一児の母。運動療育の児童発達支援で発達障害をもつ子どもたちにHAPPYをお届け中!読書、邦楽ロック、フェス、サッカー観戦など趣味多め。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次